治せる医者

治るには治せる医者にかかる  これに尽きます

何処でも誰でも何がどうでも治る時は良いですが、そうでない時は何ヶ月通っても、何年通っても治らないことは
多々あります

初診のその日に治ってしまって、涙を拭きながら

”今までの何ヶ月はなんだったんでしょう”
”あれだけ通ったのになんで治らなかったんでしょう”
”あの十年間はなんだったんでしょう”

こう、おっしゃった方はたくさんいらっしゃいます

治せなかった医者は悪いですが、患者さんも漫然と通わずに ここでは無理だなと判断して欲しかったと思います
治せない医者に無理を望まずに、 他を捜してください
治すのは本当に難しいことです、 医者だから皆が皆、何でも治せるものではありません、  本当に治せる人は
何%でしょう

医者の見極めは簡単です

治せる医者は 治ります といいます
治した経験が数多くあるので 当たり前に 治りますと言います
実際に初回ではっきり良くなります、治ってしまうこともあります
 

治せない医者は治した経験がないので、治りますとは言いません
でも困ったことに、 私では治りません とは絶対言いません
現代医学では治りませんとか、一年かかります とか言います
実際に 全然治りません

  • 治るには少なくとも 治ります と言う医者にかからなければなりません 
    (言うだけで治せない人も稀にいますからこれは必要条件です)

  • ありきたりの治療で治らないときに、同じありきたりの治療をする医者、治療院を転々としても夢がありません 

ありきたりでない医者を捜しましょう


  1. 結論は
    初診の日に症状が半分以下にならないなら ”ここでは無理だな” と、 他を捜すことをお勧めします
    時間とお金を無駄に費やさずに早く治るには、結局はこれが一番近道です
    食事に行って美味しくなかったら次は別の店にするでしょう
    美容院も同じでしょう

    • そんな所を捜すのは大変というなら

         僕が治します