嬉しい結果

”あっ歩いてる”

同様に閉める頃に元気な男性が”連れて来れないんで車椅子を貸して下さい”と入ってきた 
貸すと3~4人で一人の男を乗せて運んで来た
ボーリングをしていたらガクっときてそれっきり動けなくなってしまった なんとか車に運んで乗せてきたと言う 
車から待合室へ乗せてきた
レントゲン室へ運んでから撮影ベットに乗せるのが大変で、そのうえ更に全然横になれなくて相当に時間がかかった 
これでは診察室へ連れて行くのも又、大騒ぎ過ぎになるので現像の出来るまで(3分半)そのままで 気功をしながら待っていた
レントゲンを見て骨に異常が無いことを確かめたので”さあ起きて立ってみて”というと立てたので一同の待っている待合室へ歩いて行かせたら皆が”ワー歩いている”と驚いた

そこでおもむろに”まだ少し曲がっているね 今もう少し治すから”といって皆の前で腰を少しパンパンして”さあ歩いてみよう”と歩かせたら一段と普通そうに歩いた 
もう一度”もうすこしと”いってパンパンして歩かせるとまあ日常世界復帰という状態だった
これは運んで来たみなさんの前でやったので大いにうけた

 彼は皆に”一体何をしたんだ”と聞かれて”触っていたような気がする”と答えていた 
本当にそのとおりです それ以上に言いようは無い

から許して欲しい

朝に若い女性が車椅子で運ばれてきた

駅のエスカレーターでころんで落ちて足を捻挫して動けないので駅員さんが当院まで車椅子に乗せて押して連れてきた
レントゲン室への往復も足は全然つけないと言って片脚ケンケンで、とても痛そうだった   
出来たレントゲンを見ると骨折は無い、足を診ると捻挫で本当に痛々しい
3分程気功をしてから さあ靴をちゃんと履いて歩こうというと殆ど普通に歩いた
良かったですね これなら大丈夫ですねと言うと
念の為 杖を貸して下さいというので松葉杖を一本貸して、痛み止めの薬とシップの処方箋を渡した

あとで隣の処方薬局の薬剤師さんがいうには、駅員さんが車椅子で運んでくるのをたまたま見ていたのでこれは大変だと待っていたら杖を持って普通に歩いてきたのでビックリした
入ってきてからも杖を端においたまま歩いていて、薬を渡して精算を済ましたらそのまま出て行ってしまいそうだったのであわてて杖、杖、杖と呼び止めて渡した
全然痛そうでないので不思議だ、先生 又パワーアップしたのねというので
アップしたよと返事をした

翌朝1番でその彼女がやっぱり使わなかったので返しに来ましたといって杖を置いて帰って行った

10日程あとでお母さんが娘に絶対に小坂さんへ行けと言われたのでと初診した
娘さんの様子を聞くとあの夜から全然普通で翌日からは普通に働いたと言った
数週後彼女の友達が勧められてきましたといって来たので様子を聞いてみると全然普通ですよ まったくなんでもなかったですよと言う
結局あれっきり治ってしまったのだ



九日後の再診のとき”にハイヒールを履いていいですか?” かわいい女性の話を書きます

   左足 中足骨斜骨折 しっかりとバキッと折れていた
一昨日段差を踏み外したと言う
他医で(整形外科ではない)骨折と言われ薬をもらってなんとか歩いている
階段は手すりにつかまって一段づつ歩くと言う
あらためてここで撮ったレントゲンを見せながらここが折れているんですよと指で指し示すと痛い痛いといってポロポロポロと十粒以上の涙が溢れ出た 、これまで本当に痛くて辛かったようです
立派な骨折ですね しっかりと折れている これだと誰が見ても一発でわかりますねなどと話しながら足を持って3分ほど気功ををした
さあちゃんと靴を履いて歩こうと言って歩かせると普通に歩いた、ああ偉いね歩けるね 大丈夫だね これなら仕事だいじょうぶ?と聞いたら
美容室で一日中立って働くと言う
これなら大丈夫ですというので 偉いね頑張ってねと言うと
通勤が大変なので一応杖を貸してくださいと言うので
貸し出した  シップと薬の処方箋を出した

九日後に再診したので どう?元気と聞くと全然大丈夫でした、普通にお仕事出来ましたという
それは偉いね 良かったねと言ってレントゲンを撮った
良いね 大丈夫だねと説明すると
"せんせい"と言うので "なに"と聞くと
"ハイヒールを履いていいですか"と言う
これには僕も驚いた しかし、この靴可愛いからこれでもいいんじゃないといって、ダメとは絶対にいわなかった
本人がハイヒールというのは もう全然大丈夫と確かな感じをもっているから言うのだから、それだけ治ってしまっているので何の問題も無い
シップと薬の処方箋を出した

その10日後に、もう使ってないので杖を置きに来ましたと入って来た

どう元気と聞くともう全然オッケーですという、本当にまったくなんでもない
レントゲンも良いので 大丈夫だねお店の人はどう?と聞くと
私 骨折れてるのと言っても誰も相手にしてくれない冗談だろ ふざけんなと言う感じで。
しかし可愛い靴はいてニコニコして働いていて、骨折れてるのと言ったってそりゃダメだ。
この写真を見れば誰でもわかるからこれあげるからお店の人に見せてあげなさいと一枚あげた
”痛くないので来なくてもいいですか”と言うので
痛くないなら来なくていいよと答えたらそれっきり来ていない

結局

  • 痛い痛いとぽろぽろ泣いた日
  • 九日後にハイヒールを履いていいですか
  • 痛くないからもう来なくてもいいですか
    この三回の通院だけで治ってしまった

正規の整形外科の治療では3~4週 ギプスを巻いて両松葉杖です

足のケガは特別痛いのでこんな変な話は絶対にない

上腕骨骨幹部横骨折プラス肩関節脱臼が普通に家事をしていて治った

39才主婦
スキー場でころんで骨折した
現地でギプスをしてもらい帰京して紹介状を持って病院へ行くと入院して手術しなければいけませんと言われた
脇の下から手までしっかりとハンギングキャスト(ギプス)を巻いて三角巾で吊っている
教科書的に完璧に正しい処置と判断です,
本人はこのままでは痛いしなんにも出来ないし小さな子供が二人いて入院は出来ないし手術も恐いのでなんとかなりませんかとご主人と一緒に来た。病院を三軒まわったが三軒とも絶対に手術をしなければいけないと言われたのでここへ来たと言う
その気持ちは100%判るし、ご主人は朱さんを車で送迎してくれた人なのでお互いに充分に信頼関係があったので判りましたと引き受けた
2月2日 まずギプスを全部外してしまって代わりに上腕中央部,骨折部に巾10cmプラスチックギプスを三重ねほど腕輪のように巻いた
これは軽いし肩も肘も手も普通に自由に使える
3分程気功をして、これで御飯を作っても何をしても良いから、お風呂に入るときは腕輪はスポっと外して入っても良いからね1週後に来て下さいと帰した、三角巾も無し 

2月8日 6日後に再診したので聞くと痛くなくご飯を作っているという
レントゲンを撮って見ると非常に良いのでこのままで大丈夫だから今度は2週後に来てと話した

2月22日 2週後に来てもうなんでも平気と言う、レントゲンも非常に良い

3月8日 更にその2週後(初診日から5週-1日=34日後)に来た時にみると腕輪ギプスをつけていない、要らないし邪魔だからと捨ててしまったよち言う、ご本人は”もう治った”と自信100%です、レントゲンを見ると本当に100%治っている
3月29日 念の為といって来てもらった三週後のレントゲンは120%骨癒合している

5回来ただけで普通に家事をしているうちに完璧に治ってしまった

  • リハビリ無し
  • 後遺症無し
  • 完全治癒
  • 一ヶ月強の短期間で
    4人の家庭にとって夢のようなハッピーな結果です
    今ここに書いている僕も改めて嬉しくなる
    ハッピー ありがとう

”あやしいんだよなー ”

最後に僕の好きな人を書きます ,年に何度か腰が痛くなる都度治療に来る壮年男性がいます
ゴルフが好きで鍛え上げた筋肉という体の持ち主で、僕が腰をさすって治療しているときにいつも
あやしんだよな こんな触っているだけで治るんだから本当にあやしんだよなー”と言います 
”そんなにあやしいならどこかよそへ行けばいい”というと
”いや あやしいからここへくるんだ”といいます、僕はこのあやしいんだよなが好きで毎度聞くたびに嬉しくなる
”俺は以前ニューヨークでホテルに泊まっているときにぎっくり腰で動けなくなりコンシェルジェに相談して近くの鍼の名人を紹介されて行った、千ドルと少しだったから一万五千円ぐらいだったかな、それよりもここのほうが早くて治る”

と言ってくれたことがありました

整形外科を受診なさる方は鍼灸 整体 マッサージ カイロプラクティックなど色々な治療を経験されていることが多いがここが一番だと言ってもらえることは多いです